妥協せずに女性の意見を取り入れた結婚指輪

結婚する前からこの指輪を結婚指輪としてプレゼントして欲しいと決めていたので、その旨を主人に伝えてお願いすると、特にこだわりのない主人は私が欲しいと思っている指輪を結婚指輪としてプレゼントしてくれると言うので、二人でお店まで買いに行きました。※高松市で結婚指輪を買いたいなら参考に⇒結婚指輪高松市

元々手が小さいので指輪のサイズも小さめでしたが、私が希望していた指輪は指輪自体に厚みがあるので通常の指輪のサイズではきつくてまったくはめることができません。

もし主人が私にサプライズプレゼントとして結婚指輪を試着なしに購入していたら、私は全く指のサイズと合っていない指輪を結婚指輪としてプレゼントされることになってしまったのでしょう。

一生に一度のプレゼントである結婚指輪はきちんと試着をして指のサイズに合っているものを購入すべきだとその時に思いました。

そしてお店で希望していた指輪を指にはめてみると、購入しようと決めていた指輪の素材と違う素材の指輪も見せてもらうことができ、素材によって手の見え方、綺麗さに違いが出ることが分かりました。

指のサイズのみで購入するのではなく実、物をみて指にはめてみることで自分にしっくりくる、自分に似合う結婚指輪を納得できるまで選ぶことはとても大切なことだと実感しました。

絶対にこのブランドのこの指輪を結婚指輪にしたい!と結婚が決まる前から思っていましたが、結婚指輪は値段に幅がかなりあるので、もっと安い結婚指輪にした方がいいのかも考えました。

しかしずっと使い続けることを考えると値段もブランドもデザインも絶対に妥協せずに決めるべきだと思いました。結婚指輪は女性も希望を通すことが多いと思いますがプレゼントしてもらうからと妥協して選ぶと、その結婚指輪自体をはめる気にならなくなってしまうかも?

他のものはともかく、結婚指輪は女性の希望を通したほうが後々のことを考えても絶対にいいと思います。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です